人気のコーヒーメーカー3機種を比較してみました

subpage01

パナソニックNC-A56-K沸騰浄水コーヒーメーカーブラックは、挽き、ドリップ、ミルの洗浄までが全自動なのが特徴です。

今までのマイコン制御による淹れ分けに加え、新たに豆の挽き分けができるようになり、好みに応じた数通りの味が楽しめます。

また、他社製品と比較して水道水のカルキも90%以上除去ししてくれるのでコーヒー本来の香りを損ないません。



抽出中が見えるシャワードーム設計ですので、抽出中の状態が見え、目で見ても楽しめます。

シロカcrosslineSTC-401全自動コーヒーメーカーこちらも挽きたての豆からコーヒーが作れる、ミル内蔵のコーヒーメーカーです。
本体にミルを内蔵しているので挽きたてのコーヒー豆から全自動でコーヒーを淹れることができます。
ドリップする直前に自動で粉状にしてくれるので、他製品と比較しても酸化を防ぎ、いつでも挽きたての香りを保つことができる製品です。



また、ステンレスメッシュフィルターで豆の油分ごと抽出する構造により更に美味しく、よりコク深いコーヒーに仕上ることができますクイジナート12カップオートマチックコーヒーメーカー他の製品と比較すると日本でというよりはアメリカでは定番なクイジナートです。


このコーヒーメーカーはタイマー設定ができますので、起床時に合わせておけば、起きてすぐにコーヒーを楽しむことができます。


朝のコーヒーが欠かせない方は一度慣れてしまうと手放せなくなります。

Weblio辞書の情報を公開しているサイトです。